SANSEI

MENU

アンチエイジング
(臍帯血幹細胞療法支援事業)

究極の若返り・再生医療を
幹細胞でご提供

究極の若返り・再生医療を幹細胞でご提供

臍帯血・幹細胞とは

臍帯血とは、胎内にいる赤ちゃんとお母さんを繋いでいる臍の緒の中にある血液で、この新鮮な血液を採取できるのは、出産直後の一度だけという非常に貴重なものとなっています。□臍帯血の最大の特徴は、幹細胞という特別な細胞がたくさん含まれているということで、この幹細胞とは、心臓・肝臓・腎臓などの内臓から、筋肉・骨・血液・皮膚そして神経などあらゆる組織に変化することが出来る細胞です。□幹細胞にはいくつか種類があり、様々な病気の治療に有効な細胞の供給源となる可能性を秘めており、現在臨床試験や研究段階にある再生医療・細胞治療への応用が期待されています。

臍帯血で元気向上をサポート

SANSEIでは、臍帯血幹細胞支援療法を通じて、多くの方の悩みとされる老化や、老化が原因の体のトラブル、そして医療の最先端を行く再生医療で、元気向上に貢献をしていきます。

臍帯血幹細胞を使う理由

臍帯血幹細胞を使う理由

臍帯血幹細胞はあらゆる体の組織に変化することができ、
体内に投与されると修復箇所を見つけ、自身の修復箇所の設計図を取り寄せます。

そしてその設計図から自ら細胞分裂させて、傷んだ臓器を修復します。
修復するのは臓器だけでなく、神経や血管、そしてアンチエイジングで真っ先に効果が出て欲しい皮膚細胞にも生まれ変わることができます。

安心・安全に利用いただくために

安心・安全に利用いただくために

臍帯血は、自分ではない赤の他人の血液ですが、臍帯血療法で使われる血液は、サンプリングをして、国の基準をもとに細菌検査・ウイルス検査などを行ない、安全性を確認しています。さらに、有核細胞数という幹細胞の数も算定しています。
これらを -196℃の液体窒素が入った専用タンクで保管することで、半永久的な保存を可能にすることで、より安全に利用することができます。
そして、臍帯血を移植する前には、適合するための遺伝子の検査(HLA遺伝子座検査)を受けていただき、多くの臍帯血の中から体に合うものを選別して、拒絶反応などのリスクを抑えています。

●HLA遺伝子座検査 / 150,000円(税別)